2018年9月中旬に仮想通貨取引所へ上場を決定した「Unizon」、 エアドロップラウンド2を実施

前のページへ戻る

「Unizon」Donald Barnes(CEO)は、2018年4月30日18時からエアドロップラウンド2を実施したことを発表いたしました。

また、エアドロップラウンド2ではUnizonに登録をした方に40UZNトークンを無料プレゼントします。

公式ウェブサイト

https://unizon.io/link/official/

ホワイトペーパー

https://unizon.io/link/whitepaper/

CEOインタビュー

https://unizon.io/link/Interview/

「UZN」トークンは2018年9月中旬に仮想通貨取引所へ上場することが決定し、2018年5月15日18時から開始される次のICO「ミドルステージ」に向けて新たな参加者が拡大しており、注目が高まっています。

■Unizonとは

いまや説明不要なまで活気に満ちたブロックチェーン技術ですが、その特徴とも言えるP2Pネットワークは保険業界にとって、かつて無いほど衝撃的なイノベーションを起こす事ができると確信しています。

私達が目指しているのは、保険の原点に還るため、保険を提供するのではなく、自由に企画設計を可能にする仕組みと場を提供することです。これにより、保険プランを個人が自由に作成、そしてその立ち上がった保険プランの中から意義を得たユーザーが自由に加入する事ができます。

つまり、Unizonは保険そのものではなく保険を自由に作ることができるプラットフォームとして誕生します。

■なぜ、Unizonが保険業界のイノベーションになるのか?

私達は、本来保険に資産運用は必要ないものと認識しており、加入者グループ内で集めた保険料を共有資産としてプールすることで、お互いでリスクヘッジできると考えています。その為、本来の相互扶助の仕組みをそのままUnizonの中で実現いたします。

これにより不必要になった業務プロセスや、事業コストを削減する事が可能となり、不透明な資金管理に陥ることはありません。また想定された不確実なリスクが起きなければ、共有資産に余剰金が生まれ、保険プラン加入者へと分配されます。

そして私達は、Unizonの維持・拡大に努めるため、保険料の中から僅かながら手数料を徴収する事になりますが、それ以外の収益性を求める必要が無く、またそれが出来ないサービス設計を構築することで、利益相反のないエスクロープラットフォームを確立していきます。

Unizonが稼働した場合、伝統的な保険会社との比較および優位性においては以下の通りです。

・エージェントまたはブローカーを不在とする直接取引のため、代理店手数料がなく保険料が安くなる

・完全なる手数料収益モデルにしているため利益相反がなく、運用損失リスク、不払いリスクが除外される

・収益性を求めた事業体の保険商品ではなく完全に個人同士の相互扶助のため、マイクロ保険、ニッチ分野の特定リスクなど、これまでにない保険商品が誕生していく

■Unizonの特長

Unizonに参加するユーザーは、保険プランを企画するユーザー(企画者)と保険プランに加入するユーザー(加入者)という2つの役割に分岐されます。当然ながら、企画者も加入者になりえ、また逆に加入者が企画者として保険プランを立ち上げる事も可能です。

保険の企画者に対しては、保険料の中からの一定率の報酬が支払われます。報酬額・報酬率は、企画者が任意で設定可(報酬上限は保険料の3%)。当然ながら無闇に高額な報酬に設定した場合、相応の理由が加入者から求められます。この事から結果的に報酬相場は除々に市場(加入者)が決定していくと考えています。

また、保険企画者には保険プランを設計するためのツールとして「保険プラン設計システム」が提供されます。しかし、非常に詳細な設定項目を用意しており、設計における柔軟性が高い分、保険に関する専門知識が求められます。その為、設計アシストAIにより高度な専門知識なしでも保険プランの設計まで行う事が可能となります。保険を通じた目的意識さえあれば、構築可能なUX設計を行います。これにより、企画者としての参入障壁は低くなり、Unizon全体の活性化に繋がる一方、無尽蔵に保険プランが立案されることになりますが、目的が不明瞭な保険は当然ながら評価されず、ユーザー側の自浄作用も働き、結果的に淘汰されていくだろう、と考えています。

加入者のメリットとして、Unizonで様々な保険プランが企画され、その中から自身のライフスタイルに適したプランを選択することができます。期間限定、特定ガジェット等、必要に応じてその都度加入する事も可能で、経済状況に応じてフレキシブルに切り替える事ができます。

■UZNトークンについて

UZNトークン(UZN)はUnizonの基幹でもあり、ネットワーク上の経済循環において重要な役割を果たします。ユーザーは、UZNにより保険料を支払い、また保障事象が想定以下であれば余剰拠出金としてUZNが均等に付与されます。また保険プランの企画者はその功績として、自身が設定した報酬をUZNにより受け取る事が可能となります。

■ICOスケジュール

各期間で設定された販売上限(UZN)に達した時点で、そのボーナスレートは終了し、次のボーナスレートに移行します。販売はボーナスレートに適用された開始日時まで待機されます。

販売価格   :1UZN=0.2USD

ソフトキャップ:30,000,000UZN

【アーリーバードステージ】※資金調達に成功し終了

ファーストアーリーバード

ボーナス:100%

販売期間:2018年3月15日 18:00から3月17日 17:59(日本時間)

販売数 :40,000,000UZN

セカンドアーリーバード

ボーナス:75%

販売期間:2018年3月17日 18:00から3月20日 17:59(日本時間)

販売数 :20,000,000UZN

リメイニングデイ

ボーナス:50%

販売期間:2018年3月20日 18:00から3月31日 17:59(日本時間)

販売数 :20,000,000UZN

【ミドルステージ】

ファーストセブンデイズ

ボーナス:30%

販売期間:2018年5月15日 18:00から5月22日 17:59(日本時間)

販売数 :30,000,000UZN

リメイニングデイ

ボーナス:15%

販売期間:2018年5月22日 18:00から5月31日 17:59(日本時間)

販売数 :20,000,000UZN

【ファイナルステージ】

ファーストセブンデイズ

ボーナス:10%

販売期間:2018年7月15日 18:00から7月22日 17:59(日本時間)

販売数 :30,000,000UZN

リメイニングデイ

ボーナス:0%

販売期間:2018年7月22日 18:00から7月31日 17:59(日本時間)

販売数 :20,000,000UZN

■ホワイトペーパー

Unizonの詳細とICOなどについては、以下から最新のホワイトペーパーをご覧ください。

https://unizon.io/link/whitepaper/

■Unizon

CEO:Donald Barnes

公式ウェブサイト: https://unizon.io/link/official/