マネーフォワード、仮想通貨の投資家支援プラットフォームを提供するクリプタクトと資本業務提携で合意

前のページへ戻る

仮想通貨取引の損益計算サービスと連携し、仮想通貨取引の健全な市場成長を目指す

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、 代表取締役社長CEO: 辻庸介、 以下「当社」)は、 当社が運営する「マネーフォワードファンド」※1を通じて、 仮想通貨の投資家支援プラットフォームを提供する株式会社クリプタクト(本社:東京都千代田区、 代表取締役:アズムデアミン、 以下「クリプタクト」)に出資し、 資本業務提携を開始することを決定いたしました。

■背景と狙い

2009年、 最初の仮想通貨と言われるビットコインが運用を開始して以来、 仮想通貨市場は成長を続け、 現在では国内に約350万人※2のユーザーがいるとされています。 世界で流通する仮想通貨は約1,500種類以上ある※2とされていますが、 主要仮想通貨であるビットコインは一日あたりの取引量が4年で約167倍(2018年3月末現在)※2に増大するなど、 取引量は拡大傾向にあります。

その一方で、 仮想通貨取引で得た収益について、 確定申告が適切に行われていないとの指摘がなされています。 その要因としては、 税務面での実務が複雑であることから、 そもそも確定申告の必要性を認識していないケースがあるほか、 仮想通貨税務に精通した税理士が不足していることも一因とされています。

そこで今回の、 クリプタクトとの資本業務提携を通じて、 仮想通貨取引を行う個人ユーザーや仮想通貨税務を扱う税理士向けに適切な情報提供を行ってまいります。 第一弾として、 仮想通貨業界の最新動向や税務面での実務的な解説、 仮想通貨実現損益計算サービス「tax@cryptact」「taxpro@cryptact」の紹介など、 ユーザー課題の解決に役立つセミナーを開催します。 また今後、 クリプタクトが提供するサービスとのさらなる連携施策を拡大し、 仮想通貨市場の健全な成長促進を目指してまいります。

クリプタクトは、 2017年12月より国内初・仮想通貨の投資家支援プラットフォーム「grid@cryptact」を提供し、 登録者は国内最多の約3万人以上に達するなど、 多くのユーザーに支持されています(2018年8月末時点)。
※1 「マネーフォワードファンド」は出資プロジェクトの呼称であり、 子会社設立やファンドの組成を伴うものではありません。 また個別案件における出資金額や比率は非公開となります。
※2 金融庁主催「仮想通貨交換業等に関する研究会」資料(2018年4月10日開催分)

■クリプタクトについて

名称    :株式会社クリプタクト
所在地    :東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID 5F
代表者    :代表取締役 アズムデ アミン
事業内容:仮想通貨の投資家支援プラットフォーム「grid@cryptact」を提供
主要サービス:
・仮想通貨の実現損益計算サービス「tax@cryptact」(個人向け)、 「taxpro@cryptact」(税理士法人向け)
・仮想通貨取引の実績を投資家目線で可視化するポートフォリオサービス「portfolio@cryptact」
設立  :2018年1月
URL    : https://www.cryptact.com/

■「マネーフォワードファンド」概要

SaaSおよびFintech領域に特化したファンドです。 本ファンドを通じて、 当社が掲げる「お金を前へ。 人生をもっと前へ。 」というミッションの実現に向け、 ”すべての人のお金の課題解決”を目指してまいります。
(1)資金面での支援
(2)ノウハウの共有
(3)ユーザー送客、 事業やサービスの連携
(4)ネットワークの活用
(5)資本政策およびIPOの支援
お問い合わせ:mf-fund@moneyforward.co.jp

■株式会社マネーフォワードについて

名称    :株式会社マネーフォワード
所在地    :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者    :代表取締役社長CEO 辻庸介
事業内容:自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス
「MFクラウドシリーズ」などの開発
設立  :2012年5月
URL    : https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』  https://moneyforward.com/
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』  https://biz.moneyforward.com/