【テックビューロ ホールディングス株式会社】 ICO総合プラットフォーム「COMSA」COREおよびHUBの開発ロードマップを発表

前のページへ戻る

テックビューロ ホールディングス株式会社は、 関連会社であるテックビューロ株式会社より事業継承したICO総合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業であるCOMSA COREおよびHUBに関する今後のロードマップを発表いたします。

テックビューロ ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:朝山 貴生、 以下「テックビューロ ホールディングス」又は「当社」)は、 関連会社であるテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、 代表取締役:朝山 貴生、 以下「テックビューロ」)より事業継承したICO総合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業であるCOMSA COREおよびHUBに関する今後のロードマップを発表いたします。

背景

当社は、 2018年7月2日付でテックビューロのソフトウェア事業を承継いたしました。 COMSA CORE*およびHUB*等のソフトウェア開発に関しては、 当社で継続するとともに、 COMSA global solution*については海外子会社のテックビューロ・ヨーロッパおよびテックビューロ・アメリカにて提供して参ります。
現在、 国内において適法、 適切にソリューション事業を行うためには、 ICOにより発行されるトークンの法的位置づけや自主規制の内容について議論する必要があり、 その結論が待たれる状況ではありますが、 当社では来たる未来に向け、 ICO総合プラットフォームの実現を目指し、 その核となるCOMSA COREおよびHUB等のソフトウェア開発をこれまで同様に推進して参ります。
*COMSA CORE:異なるブロックチェーン間でトークンのペッグと制御を行い、 それぞれの価値をトークンに変換し、 総量をコントロールするソフトウェア
*COMSA HUB:パプリックブロックチェーン上のマスターアカウントと内部のプライベート勘定との間でトークンの残高をコントロールするソフトウェア
*COMSA global solution:COMSA globalソフトウェアをはじめとする海外向けICOソリューション

今後のロードマップ

 

<COMSA COREの開発>

  • 2018年冬 テスト版リリース予定
  • 2019年夏 正式版リリース予定

<COMSA HUBの開発>

  • 2019年春 テスト版リリース予定
  • 2019年冬 正式版リリース予定

COMSAとは

「COMSA」は、 実ビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を支援する「ICO総合プラットフォーム」です。 企業の ICO による資金調達と企業の持つアセットのトークン化技術、 仮想通貨取引所「Zaif」、 そしてプライベートブロックチェーン「mijin」による内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供する、 世界でも唯一の総合プラットフォームです。

ICOとは

ICOとは「Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略であり、 企業等が電子的にトークン(デジタルアセットや仮想通貨などの総称)を公衆に販売することで資金調達を実施することをいい、 トークンセールと呼ばれることもあります。 ICO において発行されるトークンは日本においては資金決済法上の仮想通貨に該当するものとして取り扱われ、 これを不特定の者に販売する行為は地方財務(支)局への登録が必要になります。 なお、 「トークン」の法的性質はその内容に応じて個別に検討され、 これが有価証券(特に集団的投資スキーム)とみなされる場合には金融商品取引法が適用されることになります。

テックビューロホールディングスグループについて ( https://techbureau.com/

テックビューロホールディングスグループは、 日本、 北米、 欧州に拠点を置き、 仮想通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。

プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と仮想通貨取引所「Zaif」や、 トークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション「COMSA」など、 ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。

※本文中の商品名は当社、 あるいはテックビューロの商標または登録商標です。