バリューコインが世界最高峰セキュリティの鍵付・保険付ウォレット採用!「ニューフリーメイソンインターナショナルアソシエーション」「FCOインターナショナルリミテッド」「インターボルト」三社合同記者発表

前のページへ戻る

3社は7月18日、帝国ホテルにて記者発表と調印式を行った。また「株式会社フィンテックイノベーション」と「ブロックチェーンジャパン株式会社」両代表が立会人としてサインした。

東京日比谷の帝国ホテルで「ニューフリーメイソンインターナショナルアソシエーション」「FCOインターナショナルリミテッド」「インターボルト」三社による提携に関する合同記者発表に続き、 ニューフリーメイソンインターナショナルアソシエーション理事長 鈴木 勝夫氏、 FCOインターナショナルリミテッド社CEO ゾウ ポン氏、 及びインターボルト合同会社CAO 藤田 篤示氏、 三者による調印式が行われ、 立会人として株式会社フィンテックイノベーション代表取締役 宗村 友之氏とブロックチェーンジャパン株式会社代表取締役 江本 俊史氏がサインした。

インキュベーションシステムの構築やスタートアップに特化したスマートアップ社(香港)と、 ブロックチェーンソリューションのスペシャリスト「ブロックチェーンジャパン株式会社」(日本)が提携し、 そのローンチを全面的に支援したFCOインターナショナルリミテッドが発行するバリューコイン。 そのバリューコインがインターボルト社と提携、 画期的なセキュリティシステムを導入して、 さらなる進化を遂げて名実ともにそのバリューを飛躍的に向上させた。
バリューコインと言えば、 かつて「チャイニーズフリーメイソン」と呼ばれたニューフリーメイソンインターナショナルアソシエーションを母体として発行する現在世界的な注目を集めている仮想通貨のひとつだ。
世界5600万人の会員を擁し、 その多くが大規模な国際取引において重要な役割を果たしていると言われるメンバー間でビジネスの活性化をより便利にかつ効率的にするため、 世界的な支払いシステムとして発行する。

当然、 そこでもブロックチェーン技術が採用されているわけだが、 万全の安全体制を敷くバリューコインといえども、 仮想通貨である以上、 それが構造的に抱える問題と100パーセント無縁であるとは言い切れないというのが実際のところであった。 実際、 今年に入ってから、 仮想通貨を巡る事件も頻発している。
中でもコインチェックの事件は大きなニュースとなり、 日本のみならず世界中の人々にショックを与えたことは記憶に新しい。 その後イタリアで発生した211億円分のNano流出事件など、 仮想通貨そのものに対する信頼が揺らいでいることは動かしがたい事実である。

取引の透明性や公正性が最重要題となっていく中、 バリューコインでは、 すでにブロックチェーンジャパンよりテクニカルサポートを受けているが、 今回、 そこに国家機密レベルのセキュリティ技術を誇るインターボルト合同会社が加わることでその信頼性と安全性において世界でも類をみない盤石の体制を作ることが可能になったのだ。

インターボルト社は、 同社CTOを務める白水重明氏が二十数年にわたって研究開発を続けてきた独自のP2Pセキュリティ技術を採用。
現状の情報管理が「サーバー」を介して行われているのがセキュリティ問題の根本原因だと考える同社は、 不正アクセスの温床になりやすいサーバーを介さずコンピューター同士で直接やり取りする自律分散型のネットワークモデルであるP2P技術をさらに深化させたモデルを採用することで非常に強固なセキュリティを可能にした。

「世界最高峰のセキュリティ技術であらゆる攻撃から大切な情報をしっかり守ることができます。 万が一にも流出などの事故が起きた場合は、 1件につき10億円まで100パーセント補償する保険を適応でき、 これは世界でも例を見ない画期的なことです」
と会見の席で同社のCAO  藤田篤示氏は胸を張った。

世界に向けて大きく躍進するバリューコインにとって、 インターボルト社が現代の万里の長城となるか、 その成果に期待したいところだ。