ブロックチェーン技術で世界に自慢のコンテンツをアピール!ACG業界を変えるサービス「ACG Network」のβ版と構想が発表に!

前のページへ戻る

ACG Networkは、アニメ・コミック・ゲームを中心とするアジアのエンタテインメントの風景を一変させます!

ACG Foundation(本社・シンガポール)はAnimation・Comic・Game等のいわゆるACGジャンルにおける、 ブロックチェーン技術を活用した企画実現支援プラットフォーム「ACG Network」の、 基幹システムの一部β版完成と、 コンテンツ支援のために日本法人ACG Network Japan株式会社(代表取締役CEO 前田伸一郎 元・日本テレビプロデューサー)を東京に設立したことを契機に、 ACG Network構想及びサービス内容に関する記者発表を2018年7月3日(火)に実施し、 サービスの構想に関するプレゼンテーションの他、 β版の公開や、 日本を代表するクリエイターによるクラウドファウンディング企画の発表致しました。

 

●    ACG Networkとは?

2019年に本格サービス開始予定のACG Networkは、 ブロックチェーンの技術と独自のスマートコントラクトを用いて、 アニメ・コミック・ゲーム・ドラマ・映画等のジャンルで、 コンテンツの投稿、 コンテンツの企画案投稿、 コンテンツや企画・プロジェクト案に対する応援コメント投稿や、 資金調達を可能とするクラウドファンディング機能をネットワーク化した画期的なプラットフォームです。

 

■画期的なアプリによって、 エンターテイメント業界の常識を超えた企画実現を可能にします!

ACG Networkでは、 これまで各業界の企画決定権者である個人の意思に委ねられていた【企画決定】という最重要事項がオープン投票システムによる決定となり、 登録会員全員がチェックできる“ガラス張りの状態”で、 日本、 中国、 アジアのみならず、 世界中のファンに向けて、 直接企画提案のアピールが可能となります。

これまで、 様々な事情でデビューできずにいるクリエーター予備軍が、 実質無料でACG Networkに企画を登録・公開し、 その価値を全世界に問うことができます

 

■ブロックチェーン技術を用いて、 容易な資金調達と著作権への配慮を実現!

また、 仮想通貨イーサリアムと交換可能なACG Networkの公式トークンであるCATT(Content Aggregation Transfer Token)を発行・運用することで、 従来型クラウドファンディングよりも容易な資金調達が可能です。

またブロックチェーン技術を用いることで、 企画・コンテンツの登録・応援・二次投稿等のユーザー行為が、 改ざんや不正がない形でプロジェクト公開後までの全履歴可視化され、 最初の投稿者が著作権や二次利用の条件を設定できるなど、 オリジナルを生み出した創作者に適正な権利が残らないなどの問題が起こりがちなACG等のエンタメ業界において、 企画発案者の著作権に関して大きく配慮した仕組みでもあります。

これは従来型の業界常識や既成概念に囚われずに、 ACGジャンルを中心としたすべてのエンタメ事業での新しい価値基準に基づくSTAR Creator誕生システムであり、 長年の課題だった志ある真のクリエーター支援・発掘・育成を可能にする解決策を提示するメディアともいえます。

 

■業界にインパクトを与える新型プラットフォームに将来性を感じて、 いち早く対応するプロのクリエーターも続出!

ACG Networkは、 すでに大きな実績を積んでいるプロデューサーやクリエーターからも、 様々な反応を頂いております。
ACG Network Japan株式会社には、 代表取締役CEO 前田伸一郎の声掛けのもと、 アニメ界を代表するプロデューサー・植田益朗や、 ゲーム業界をメディアの立場から見てきた加藤克明といったキーパーソンが取締役として参画。
更に、 エンタメ業界の各クリエーターもその主旨に共感し始めており、 今回の記者発表に寄せて、 アニメ業界からは、 高松信司(「銀魂」)、 高橋良輔(「装甲騎兵ボトムズ」)、 谷口悟朗(「コードギアス 反逆のルルーシュ」)、 ゲーム業界からはイシイジロウ「代表作:428~封鎖された渋谷で~」、 下村健(「陰陽師」)、 和田康宏(「牧場物語」シリーズ)などの実績ある方々からビデオメッセージをいただいております

 

■人気クリエーターのクラウドファウンディングプロジェクトも始動!

今回の発表にあたり、 人気クリエーターのクラウドファウンディングプロジェクトも始動。
今後の展開にご期待ください。

1.高松信司プロデュース オリジナルアニメ
『GUN×GAL(仮)』
2.下村健プロデュース メディアミックスプロジェクト
『Teller Of Grim』
3.原作:イシイジロウ
イラスト&キャラクターデザイン:簑星太郎
『The Missing Notes』