PROJECT PAI、世界初の分散型パーソナルAIブロックチェーンネットワーク、PAIメインネットを公開!

前のページへ戻る

米カリフォルニア州サンフランシスコ(6月21日2018年)- Project PAI財団は本日よりPAIメインネットを公開しましたので、 お知らせいたします。 Project PAIのブロックチェーンプラットフォームの発表につれて、 世界中のユーザーが自分のデジタルIDを作成、 所有、 管理できるようになり、 ユーザーは新しいヒューマニスティック(人間中心主義)分散型AI経済システムに参加できるようになります。

Project PAIのビジョンは世界中の誰もが自分とそっくりで、 自分と同じように話し、 行動をする知的分身3Dアバター、 パーソナルAI(PAI)を作成できるようにする事です。 パーソナルAIはProject PAIの早期採用者であるObENの人工知能技術を使って作成されています。 PAIは学習するに連れて、 医療環境、 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、 旅行の計画、 商売、 エンターテイメントまで、 日常のあらゆる場面で活躍する事ができます。

個人情報の所有権をユーザーに戻すことがProject PAIの使命の一つです。 分散型システムの参加者として、 PAIブロックチェーン上で集められたすべての個人データは(集中型システムと違って)ユーザーが所有権を持ちます。 PAIブロックチェーンでは、 ユーザーが自分のデータを管理し、 PAIのデータをシステムに提供することで、 プラットフォームのAIアルゴリズムを改善する事ができます。 同時に、 企業と開発者は、 相互作用とトランザクションをやりやすくするために、 PAIブロックチェーンと一緒に独自のアプリとコインを作成することができます。

 

Project PAIテクニカルアドバイザーのAlex Waters氏は次のように述べています

「現在使われている集中型プラットフォームでは、 ユーザーの個人情報とデータは大企業やサービスプロバイダーによって管理・所有されています。 PAIメインネットの公開に連れて、 ユーザーはデータ交換の仕組みを利用してデータをよりよく管理したり、 アクセスできるようになります。 この機能は分散型ブロックチェーンの要素と、 トレントネットワークの速度とセキュリティーを利用して、 ユーザの情報を保護します。 」

PAIブロックチェーンの特徴

PAIブロックチェーンの1つの特徴はPAIコインのトランザクションにデータポインタを付加する機能です。 PAIコインの取引の中には、 トレントネットワーク上の特定のデータを参照するリンクも含まれているため、 全てのユーザーのデータは安全で、 匿名で直接取引できます。 PAIメインネットと並行して働いているのは、 トレントベースのデータストレージネットワークです。 たとえアプリケーション開発者が閉鎖し、 データへのアクセスを無くした場合は、 ユーザーのデータは引き続きトレントネットワークで保管・保護されます。 そしてユーザーは引き続きそのデータにアクセスできます。 PAIブロックチェーン上のアプリはこの機能を使って、 安全に、 安易にユーザーの間のデータ交換を実行します。 近日配信予定のObENのアプリ、 PAIYOもこの機能を利用しています。

PAIメインネットエクスプローラ( https://paichain.info/ )を使用すればユーザーはブロックチェーンの内容を確認する事ができます。 さらに、 ユーザーはPAIコインの残高を確認したり、 特定の取引を検索したり、 ブロックチェーン内のブロックの内容を見たり、 ネットワークハッシュレート(採掘速度)、 マイニング難易度、 PAIコイン供給量を確認することができます。

Project PAIの詳細については、 projectpai.comをご覧ください。

Project PAIについて

Project PAIは世界初の知的分身パーソナルAIアバターを開発しているオープンソースブロックチェーンプロジェクトです。 パーソナルAI(PAI)は、 ユーザーの外見と似ていて、 ユーザーのように話し、 行動します。 PAIがブロックチェーンで保護され、 認証されると前例のないカスタマイズ、 ユーティリティ、 および個人データの管理が可能になります。 米国のAI専門会社、 Project PAIの早期採用者、 ObEN、 Incを含む世界各国のコミュニティと一緒に、 Project PAIは世界中の誰もがヒューマニスティック(人間中心主義)AI経済に参加できるようにするビジョンの実現に向かって開発し続けています。 詳細情報はprojectpai.comへ。