仮想通貨ウォレットを提供する株式会社Gincoが、分散型取引所、ブロックチェーンゲーム、ICOプラットフォームとパートナーシップを締結。ブロックチェーン活用サービスへの窓口に。

前のページへ戻る

仮想通貨ウォレットを提供する株式会社Gincoが、分散型取引所、ブロックチェーンゲーム、ICOプラットフォームとパートナーシップを締結。ブロックチェーン活用サービスへの窓口に。仮想通貨ウォレットサービスを提供する株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:森川夢佑斗、 以下Ginco)は、 次世代の仮想通貨ウォレットへの第一歩として、 分散型取引所(DEX)を提供するKyberNetwork、 ブロックチェーンゲームを提供するEtheremon、 ICOプラットフォームを提供するZILLAとのパートナーシップを締結いたしました。

◎ブロックチェーン業界が直面している課題について
現在、 日本国内では仮想通貨への投資やトレードの話題が中心ですが、 海外ではブロックチェーン技術を用いたサービスやユースケースが次々と生まれており、 ゲームやSNS、 C2Cプラットフォームといった身近なシーンでの実用化が進んでいます。

一方、 これらのサービスを利用するには、 仮想通貨のコントロール権となる「秘密鍵」を、 利用者自身が適切に管理していることが前提となります。 仮想通貨を取引所に預けている利用者は、 秘密鍵を自分自身で管理していないため、 ブロックチェーンサービスへアクセスすることができません。

次世代のブロックチェーンサービスが普及するためには、 一般の方が仮想通貨を安全に管理しながら、 気軽に利用できるインターフェイスが必要不可欠です。

◎今回のパートナーシップについて
ブロックチェーンサービスへのインターフェイスを目指すGincoは、 今回のパートナーシップを契機に、 本格的なブロックチェーン技術の普及を目指して、 様々なサービスへの接続機能を充実させていきます。 今回パートナーシップを提携する3つのプロジェクトとは、 具体的に下記のような取り組みを行います。

▼KyberNetwork
KyberNetworkは、 分散型の仮想通貨交換システム、 DEXを開発・提供するプロジェクトです。
Gincoは、 KyberNetworkプロトコルを利用することで、 シームレスに仮想通貨同士の交換が可能となるDEXインターフェイスを提供します(国内では現行規制にしたがい、 海外での先行実装を予定)。

▼Etheremon
Etheremonは、 ブロックチェーンとVR技術を組み合わせた、 最先端のゲームを開発・提供しているプロジェクトです。 ユーザーは、 ゲームに登場するモンスターの所有権・コントロール権を完全に手中に収めることができ、 ブロックチェーン上でモンスターを育成・戦闘・交換することができます。
Gincoでは、 8月以降に実装予定の「Ginco DApps Platform」機能上で、 Etheremonをはじめとする様々なDApps(ゲームやSNSなど)を利用できるようになります。 特にパートナーであるEtheremonには、 Ginco独自のUI提供を予定しています。

▼ZILLA
ZILLAは、 独自のプラットフォーム上でICOに関する情報を発信し、 ユーザーが気軽に参加できる仕組みを提供しています。
Gincoでは、 ZILLA社の提供するZLAトークンにすでに対応しており、 今後は、 同社の提供するICOプロジェクト向けのマーケティング支援プログラムと連携して、 公式ウォレットとしての対応などを行います。

◎今後Gincoが提供していくサービスについて

Gincoはクライアント型と呼ばれる安全な秘密鍵の管理方式を採用し、 自由に仮想通貨を管理・利用できる日本発の仮想通貨ウォレットです。

また、 今後は以下のような機能の開発・実装を通じて、 一般の方が気軽にブロックチェーン技術を利用できるような世界の実現を目指しています。

  • ゲームやSNSなど、 様々な分散型アプリケーション(DApps)に接続するプラットフォーム機能
  • 分散型取引所(DEX)との接続し、 ウォレットから簡単・安全に仮想通貨の交換機能
  • マネーロンダリングの防止などのコンプライアンス保障
  • KYCなどを活用したより安全な資産管理

◎分散型アプリケーション・DAppsとは
DApps(Decentralized Application)は、 ブロックチェーンを用いたアプリケーションの総称です。 ブロックチェーン上で任意のプログラムを実行可能な「スマートコントラクト」という技術を用いて実装します。 その用途は様々で、 新たな資金調達法として流行したICOはDAppsの最も著名な成功事例とも言えます。

DAppsの特徴は、 その分散型の構造にあります。 データベースやソースコードが公開されるDAppsは、 管理者への依存が少なく、 参加者への公平な報酬配分、 参加者による自由な拡張提案、 改ざんの防止、 独自経済圏の発達といった、 これまでのアプリケーションにはない可能性を持っています。

またこれらのDAppsでは、 スマートコントラクト機能を備えたブロックチェーンを直接利用するため、 秘密鍵を保持するウォレットなどからアクセスすることが一般的です。

—————-
▼Gincoアプリダウンロードはこちら
https://apple.co/2IoXm57

▼Ginco公式サイトはこちら
https://ginco.io/

▼Ginco公式Webマガジンはこちら
https://magazine.ginco.io/