SCCがついに日本に上陸! 4月28日に販売開始!

前のページへ戻る

StockChainは4月28日午前0時に正式に日本のデジタル通貨の販売を開始しました。 日本でのSCCの販売開始は4月28日午前0時から5月3日24時までの6日間と発表しました。

同時に、 販売促進ページ http://pr.stockchain.co/ で、 StockChainは会社のCEOである金翔氏 (Mr. Jin Xiang)を初めて紹介しました。 1981年生まれの金翔氏は、 過去10年間、 インターネット製品の技術と運用に関する豊富な経験を有しており、 日常的のようにさまざまなウェブサイトやインターネット製品を作り出してきました。

Stock Chainの主な投資家は、 アップルチャイナのゼネラル・マネージャー、 百度(バイドゥ)のチーフオペレーティングオフィサー、 アリババグループの副総裁、 Tmallの葉朋(Mr.Ye Peng)ゼネラルマネージャーなどがいます。 多くの有名な投資家の参画は、 StockChainの認知と将来的な明るい見通しを意味しています。

StockChainチームは最初に「デジタルマネーブルームバーグ」というコンセプトを提案しました。 最近、 Block Chain製品の交換中、 金翔氏も、 投資家がデジタル通貨ブルームバーグなどの実装方法に関する質問に答えました。

金翔氏によると、 StockChainはデジタル通貨市場でブルームバーグを創造し、 デジタル通貨市場における最新のインターネット市場情報の開発を更に加速するために「ブルームバーグ」を目指すと語りました。 StockChainの「デジタルマネーブルームバーグ」プロジェクト(世界初のデジタル通貨コミュニティの設立)の第1ステージでは、 プレテストが完了しています。 Telegarmの公式統計によると、 StockChainはTelegarmに30万人以上のユーザーがいるとのことです。 ここまでのユーザー数は、 デジタル通貨市場では非常に稀なことです。 「ターミナル市場情報」は現在製作中で、 5月に正式に開始される予定です。

今回の販売の過程では、 StockChainが日本での販売を強化するために十分な準備を行ってきました。 前回の記事で紹介したStockChainの見積もり情報は、 日本の投資家向けのよりクオリティの高い日本語版に更新され、 SCC投資家に事前に提供されます。 また、 投資家が製品で得たメリットは、 以下の点にも反映されます。

ブロックチェーンの国際的専門家であるジョイ氏(Mr.Joy)は、 2018年の初めには、 デジタル通貨市場への熱が以前より高くなり、 様々な通貨の値上がりが確認され、 デジタル通貨流行の新しいステージが待っている予感を期待させます。

ジョイ氏(Mr.Joy)は、 ボトムからのデジタル通貨の逆転という現在の傾向は明らかであり、 取引の熱意は徐々に増加しており、 様々なデジタル通貨の価格が回復し始めていると信じています。 SCCの2回目の販売の成功は、 日本のデジタル通貨市場へのカンフル剤となることでしょう。 詳細は http://pr.stockchain.co/ をご覧ください。

人類の歴史の中でSCCもBitcoinのような魔法のような時間をもたらすどうか、 是非私たちで見守って行きましょう。