「No Fake Today」各国の産業界が注目!ブロックチェーン技術を活用した偽造商品を防止する革新的ソリューション・アプリのICOが開始〜世界に流通する偽造商品・海賊版商品は増加の一途をたどり、被害総額は年間数十兆円を超えるとも言われています 日本をはじめ、各国の政府規模でその対策は急務となっています

前のページへ戻る

[アリババの元シニア・テクノロジー・エキスパートLeon Huang率いるNo Fake Today Pte. Ltd.(ノーフェイクトゥデイ、 本社:シンガポール)は、 2018年3月1日(木)より、 ICOによる資金調達プロジェクトを開始致しましたのでお知らせいたします。

No Fake Todayは、 数多ある書面上の構想に出資を促すプロジェクトではなく、 革新的な開発済みプラットフォームとプロダクト、 そのユーザーを既に有する稀有なプロジェクトです。 どなたでも試用版モバイルアプリをダウンロードいただけ、 実際のアプリ画面を使用したデモビデオを公式サイト上にご用意しております。 また、 日本の有名企業を含む様々な製品ブランド・メーカーとグローバルに連携を行なっております。


No Fake Todayが提供する偽造防止のソリューションとは
既存の偽造防止や偽造発見のテクノロジーと言えば、 特殊紙、 エンボス紙、 点字、 磁気ストライプ、 ホログラム、 マイクロ文字ラベル、 蛍光染料といった高度な印刷技術を取り入れたものがあります。 ただし、 その効果は非常に限定的で、 またコスト負担は多大なものとなっています。 No Fake Todayは、 それらの技術とは異なる革新的アプローチにより、 安価に導入可能な偽造商品対策を実現しました。

No Fake Todayはブロックチェーンに基づく最新の暗号技術を駆使し、 ビッグデータ、 マシンラーニング、 位置情報サービス、 CG等を取り入れることで、 偽造商品対策に効果的なソリューション・アプリケーション・プロダクトをご提供致します。 このシステムでは、 暗号化メカニズムによって存在するすべてのトランザクションを記録することが可能です。 トランザクションが記録される際、 ネットワークで接続されたすべてのコンピューターがトランザクションを相互に承認する仕組みです。 そのため、 記録の改竄や不正な削除といった動きは、 必然的にすべて感知されることになります。

【システム概要】


上図のように、 No Fake Todayの利用者はネットワークで接続され、 商品の流通過程におけるすべての情報を相互に提供し、 取得します。 No Fake Todayが提供するソリューションでは、 この図にないユーザー(例えば税関、 銀行、 精査/検査機関等)が加わってもサポートが可能です。 そのため、 サプライチェーン管理、 決算、 ロイヤリティプログラムといったCRM、 マーケティング・プロモーションの観点からも、 従来より効果的で効率的です。

【活用可能な産業分野】

o   フード・ビバレッジ
o   証明書 (学士号、 免許証、 許可証等)
o   化学薬品
o   電化製品
o   自動車産業
o   サプライチェーン及びファイナンス
o   顧客ロイヤリティプログラムダイレクトセールス/直売

NFC(ノーフェイクコイン)について
NFCはイーサリアムのERC20基準を満たし、 ソースコードはGitHubウェブサイト上に公開中です( https://github.com/nofaketoday )。 安全性と流動性を考慮し、 ブロックチェーン関連情報を扱うウェブサイトの中でも先駆け的存在であるEtherScan.ioへの登録も予定されています。
NFCの総発行枚数は4億5,000万トークンであり、 その内の60%が一般販売されます。 20%はNFC財団が保有し(以下リザーブトークン)、 今後のエコシステム及び顧客管理のために使用されます。

総発行枚数:  450,000,000

NFC財団:  90,000,00 (20%)

開発者:  45,000,000 (10%)
設立者:  45,000,000 (10%)
投資家:  270,000,000 (60%)

リザーブトークンはNFCトークンの価値安定化を図るために用いられ、 他のトークンにみられるような価格の著しい変動を制御することを目的としています。 トークンセール終了後、 販売されなかったトークンは全てNFC財団にて保管されます。

資金分配について
調達された資金は、 今後のプロダクト開発やマーケティング活動のために使用されます。 No Fake Todayの提供する技術、 サービス及びプロダクトは市場においてまだ歴史浅く、 既存メーカーの多くは従来型の偽造防止プロセスを採用しています。 No Fake Todayによる革新的なサービス及びプロダクトの認知、 定着、 そして導入には一定の時間とコストが必要になると予測しております。

開発:  60%
マーケティング: 25%
運営:  10%
法務:  5%

トークンセール概要について
トークンシンボル:NFC
調達目標額:600万米ドル
トークンセール期間:2018年3月1日(木)~31日(土)の31日間
『フェーズ1』3月15日(木)まで:10.5 NFC/USD(5%のボーナス付与)
『フェーズ2』3月31日(土)まで:10 NFC/USD(ボーナスなし)
参加方法:右記URLよりご登録ください https://icoHome.io
公式SNSでは最新情報を発信中です。 NFT開発チームへの直接の質問も可能となっておりますので、 ぜひご覧ください。

Telegram: https://t.me/NFC_JP
Twitter: https://twitter.com/NoFakeToday

【会社概要】
会社名 : No Fake Today Pte. Ltd.
所在地 : 9 Temasek Boulevard #04-02, Suntec Tower Two Singapore (038989)
代表者 : Leon Huang
会社HP: http://nofake.io/indexjp

Leon Huang(レオン・フアン) NFT最高経営責任者バイオグラフィ
中国屈指のコングロマリッドであるアリババ・グループの基幹を支える電子マネーサービス”Alipay”の元リード・エキスパート。  暗号通貨プロジェクト”Centrality(CENNZ)”ではヘッド・オブ・ブロックチェーンを務めた。
Centralityに携わる以前は、 JPモルガン・チェース銀行シンガポール支店テクノロジー部門にて副社長、 バークレイズ銀行シンガポール支店およびクレディ・スイス銀行ロンドン支店にて役職を歴任。
大学院では経済学と共にコンピューター・サイエンスを学ぶ。 特に暗号化技術、 ブロックチェーン技術、 偽造防止技術を専門とし、 高度なエンタープライズ・アプリケーションの設計と実装を得意としている。
数々の優れた設計で、 2017年9月にはニュージーランドの新規立ち上げ企業が2,500万米ドル、 2017年11月にスイスの企業が2,000万米ドルの資金調達を実現した。