仮想通貨の新たなハードウェアウォレットが日本初上陸、 スイス製「Digital BitBox」1月31日よりAmazonにて国内販売を開始

前のページへ戻る

仮想通貨の取引をするなら必須アイテムのハードウェアウォレット

スイス製、仮想通貨(仮想通貨)用のハードウェアウォレット「Digital BitBox」が1月31日より日本国内で販売されています。
こちらは日本初上陸です。
Ledger(レジャー)、TREZOR(トレザー)、Keepkey(キープキー)に続く、新たなハードウェアウォレットになります。

ハードウェアウォレットでお持ちの仮想通貨を安全保管

輸入品取扱いベンチャーの合同会社リベルタジャパン(本社:和歌山県橋本市、 代表:伊藤佳也)は、 Shift Devices AG(本社:スイス チューリッヒ、 CEO:Douglas Bakkum)と業務提携を行い、 Shift Devices社の仮想通貨ハードウェアウォレット Digital BitBox(デジタルビットボックス)の日本国内での独占販売権を取得することに同意しました。 1月31日よりAmazonにて国内販売を開始しました。

Digital BitBoxとは

Digital BitBoxは、 ビットコイン等の仮想通貨を安全に保管することのできる「ハードウェアウォレット」といわれるデバイスの一つです。 リカバリー方法が本製品最大の特徴です。 従来は、 12、 18または24の単語を付属の用紙に転記し、 リカバリー時にその単語を入力するというものでしたが、 Digital BitBoxでは本端末に差込むMicroSDカードにバックアップデータを保存し、 そこからリカバリーすることが可能ですので、 リカバリー単語の誤った転記によるリカバリー不能を回避することができます。
金融的に非常に信頼度の高い国であるスイスにて開発・製造されております。

昨今、 仮想通貨についてのニュースが多くなってきており、 その認知度およびユーザー数の拡大しています。 フィッシングやマルウェア等によりユーザーの保有する仮想通貨が盗難されたり、 大手取引所自体がハッキングされ仮想通貨が盗難されております。 ハードウェアウォレットを利用することでこうした犯罪から身を守ることができると言われています。
仮想通貨は大切な資産です。 ハードウェアウォレットで安全に保管することが一般的に推奨されております。

Digital BitBox(MicroSDカード付属)の販売について

現在、 Amazonにて8,980円(税込)で販売しております。
リベルタジャパン社は現在、 日本公式ホームページの準備を進めており、 日本語での使用マニュアルなどを充実させユーザー様に安心してご利用頂ける環境を整えていく予定です。

詳細スペック・ご購入はこちらから

https://www.amazon.co.jp/dp/B0791DPP9V

※当コンテンツは投資勧誘や、助言を目的としたものではありません。 また、当コンテンツは、信頼できると判断した資料及びデータを元に作成していますが、情報の正確性および信頼性について、当社は調査確認する債務を負うものではありません。