日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

AI元年 ブロックチェーンとの融合技術に日本の資金〜8時間で60億円のICOが完了。IT先進国のエストニアに日本の投資家が関心

前のページへ戻る

2018年1月、 タリン。 ディープラーニング(深層学習)アプリケーション用の分散型コンピューティング、 及び合成データプラットフォームで受賞歴のあるNeuromationが、 自社発行するNeuroTokens(NTK)を、 わずか8時間のパブリックセールで完売した。
この電撃セール中、 アジアのマーケットは特に活発で、 なかでも日本は確定的リーダーで23%のセールに貢献した。 香港と韓国はそれぞれ3.7、 3.6%、 そしてインド1.8、 シンガポール1.1、 台湾0.8%だった。

最大級のAI トークンセールにアジアのマーケットが貢献。 わずか8時間でNeuromationが6000万NTKを完売。 すべての予想を超え、 Neuromationは、 ブロックチェーン界において、 AI関連事業のグローバルリーダー的存在として地位を確立し続ける。2018年1月、 タリン。 ディープラーニング(深層学習)アプリケーション用の分散型コンピューティング、 及び合成データプラットフォームで受賞歴のあるNeuromationが、 自社発行するNeuroTokens(NTK)を、 わずか8時間のパブリックセールで完売した。

プレセール期間とパブリックセール中に、 合計販売時価5000万USドル相当の6000万NeuroTokensが販売された。 この資金は、 イーサリアムやビットコイン、 そしてその他の主要アルトコインで調達された。 この間、 プラットフォームへは89カ国からの登録があり、 Neuromationのグローバルへのリーチがハイライトされる形となった。

この電撃セール中、 アジアのマーケットは特に活発で、 なかでも日本は確定的リーダーで23%のセールに貢献した。 香港と韓国はそれぞれ3.7、 3.6%、 そしてインド1.8、 シンガポール1.1、 台湾0.8%だった。

「Neuromationのグローバルリーチによって、 AIインダストリーを民主化するビジョンへ、 また1歩近づいた。 」マキシム・プラソフCEOは語る。 「まずはコンピューティング能力を高める事がゴールへの第1歩。 そしてトークンセールの売上10%は、 AIスタートアップとニューラルネットワークの研究に助成する。 」

AIコミュニティー全体への還元に加え、 Neuromationは集まった資金を、 コストコンシャスな中小企業や組織に向けたAIサービスのディスティネーションを構築するために活用する。

プラットフォームの第1バージョンは、 2018年の第1四半期に稼動する予定。

Neuromationについて:ニューロメーションは、 エストニア共和国 首都タリンを本拠地とするテクノロジー会社。 ニューロメーションプラットフォームは、 AIエコシステムのために設計され、 市場諸資源と、 科学コミュニティー、 及び関連事業が1カ所にまとまる、 ユーザーフレンドリーなマーケットプレイスを提供する。

詳細  https://neuromation.io/ja/