日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

トークンを買ってみたいけど、どこで保管する?

前のページへ戻る

本日、話題のALISでも以下のような注意喚起が。

今後、他のトークンセールでも起こりえることです。
対応していないウォレットや取引所から直接トークンを購入した場合、トークンも送金した仮想通貨も失ってしまいます。


ウォレットの管理はできていますか?

ICOに参加する人にオススメのウォレット

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)なら、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)やETH系トークンが保管できて日本語に対応しています。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)
https://www.myetherwallet.com/

ICOで配布されるトークンはほとんどがイーサリアムベースのトークン(ERC20トークン)です。
クラウドセールの参加方法に、ウォレット情報が掲載されているので確認を忘れずに。

取引所に仮想通貨などの資産を入れっぱなしするのは危険?

一般的にウォレットに保管するのが安全とされていますが、先日イーサリアムPARITYの脆弱性により34億円が盗まれました。

そこで注目されているのが、ハードウェアウォレット。
ただし、これにもデメリットがあり、リカバリーフレーズを紛失したり、忘れてしまったら、もう元には戻せません。
それだけに、強力なセキュリティは期待できます。

デスクトップウォレット(PC上の財布)、ウェブウォレット(Web上の財布)、モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)、ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)、ハードウェアウォレット(専用財布端末)等、様々な種類がありますが、自分にあった管理のしやすいウォレットを見つけましょう。
また、資産を分散させることも大事です。

トークンなどを受け取るのに必要なCounterpartyのウォレット
https://icomarket.co.jp/column/2633/