日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

日本最大のブロックチェーンの祭典にブース出展 ブロックチェーン技術で時間に革命を起こす最新ビジネスをいまこそ世界に 「ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019」出展レポート

前のページへ戻る

日時:1月30日(水)・31日(木) 場所:神奈川県横浜市・パシフィコ横浜ホールB

Time Innovation Pte.Ltd.(本社:シンガポール 代表取締役CEO:佐和田悠葵)は、 1月30日(水)・31日(木)に、 神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で行われた日本最大のブロックチェーンの祭典「ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019 」にブースを出展。 2日間で延べ500人以上の方にご来場いただき、 大盛況となりました。

日本最大のブロックチェーンイベントということもあり、 多種多様なビジネスを展開する企業が世界各国から終結していた今回のイベントに対する注目度は高く、 専門分野に特化したメディアのみならず、 経済系・ビジネス系など、 幅広いメディアも来場していました。 その中で、 イベント開始直後から、 Time Innovationの事業内容や“時間”をコンセプトとしている部分に興味を抱かれる方が殺到。 Day.1では、 出展ブースがすぐに満席状態になったため、 Day.2では急遽ブースを拡大。 それでも来場者の足は途絶えることなく、 述べ約500名を超える方にご来場いただき、 大盛況となりました。

 

Day.2の様子

Day.2の様子
  • Day.1

開催初日を迎えた1月30日(水)。 57のブロックチェーン関連企業が揃う中「ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019」が始まりました。
初日から、 約5,000人の来場者が集う中、 開始直後から弊社のブースには来場者が殺到。 “時間を価値に変える”という概念のもと、 ブロックチェーンを応用した独自の経済圏「Time(タイム)」に興味を抱かれる方が多く、 ブースは夕方まで常に満席状態。 これからローンチを迎えるアプリの内容や、 過ごした時間に対してポイントを付与できる、 弊社独自のビーコン技術に対す質問が多く聞かれました。

 

  • Day.2

Day.2では、 前日の盛況ぶりもあったため、 急遽ブースを拡大しました。 より多くの来場者に弊社のビジネスやサービスを知っていただこうと、 スタッフも厚くして対応に臨みました。 天気の影響もあってか、 始まった直後の午前中は各社のブースと同じ程度の客足でしたが、 午後になってみると、 前日に引き続き来場者の足は途絶えることがなく、 弊社のブースは大盛況。 終わってみれば、 用意したパンフレットはほぼ全てがなくなり、 約500名を超える方に来場いただく結果となりました。 弊社のポイント事業におけるブロックチェーンサービスに対する注目の高さが証明されたブース出展となりました。

 

  • Time Innovation Pte.Ltd.について

【シンガポール法人】

商号:  タイムイノベーション株式会社 シンガポール法人(Time Innovation Pte. Ltd.)
設立:  2018年7月
従業員数:  52名 ※役員も含む
住所:  6 Eu Tong Sen Street, #11-20, The Central, Shingapore
事業内容:  タイムコイン(Time Coin)の発行、 アプリケーション・ブロックチェーンの開発
役員:  CEO 佐和田 悠葵

【カンボジア法人】

商号:  タイムイノベーション株式会社 カンボジア法人(Time Innovation Co.,Ltd.)
設立:  2018年6月
住所:  No: #55,Street456,Sangkat Toul Tumpuong 1,Khan Chamkaemom, phnompenh.
事業内容:  ICO販売に関する業務