日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

インフィニト・ウォレットにKYC機能の統合が完了。セキュリティートークンとユーティリティートークンの両方に対応へ

前のページへ戻る

インフィニト・ウォレットはKYC認証を統合した世界で初めての仮想通貨ウォレットになりました。 ユーザーは新しいインフィニト・ウォレットでKYC情報を要求するトークンを簡単に管理、 登録することができます。 この機能はトークンだけではなく、 その他ブロックチェーンサービスにも使用できます。 KYC認証機能が備わったということは、 インフィニト・ウォレットがより規制の厳しいセキュリティートークンへのサポートに対応したとを意味します。

セキュリティートークンは最も注目されている仮想資産です。 通常の証券や取引可能な資産として扱われますが各国の規制に対応している必要があり、 法律上も証券と同等に扱われます。 トークン化されることにより、 資産の所有権は仲介者なしに早く、 安く、 さらには安全に取引が行われることを実現します。 旧来の紙ベースの株式、 国債、 不動産等は流動性の問題を抱えています。 これらを暗号化したトークンは流動性の問題を解決することが出来ます。 以上の長所からセキュリティートークンの人気は向上しており、 ブロックチェーン業界でも今最も注目されています。

セキュリティートークンは株式、 債券、 不動産と同じく価値を保有する資産であり、 所有者は株式などを保有するのと同様にKYC認証登録を行う必要があります。 ブロックチェーンによる不変性と透明性の担保は、 金融機関が素早く安全に最新の顧客情報にアクセスすることを可能にし、 KYC認証に必要な時間、 コスト、 人員を削減することを可能にします。 また、 ブロックチェーンKYCを利用することでユーザーはKYC認証のために毎度同じ情報を送信する必要がなくなり時間と手間を削減することが出来ます。
セキュリティートークンの保有者のニーズに答えるため、 インフィニト・ウォレットはブロックチェーンのコンプライアンスリーダーのBlockpassと協力して、 KYC認証機能を統合した世界初のウォレットを開発しました。