日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

地域応援通貨YEL(エール)による地方創生事業『Yell TOYAMA』が11月21日より開始。富山の魅力溢れる逸品・サービスを世界へお届けします。

前のページへ戻る

ブロックチェーンによる地域通貨で地域密着トークンエコノミーを実現します

富山県の事業者・投資家を中心に発足したYell TOYAMAプロジェクト(Yell TOYAMA運営事務局:SAMURAI Security株式会社)は、 ブロックチェーンによる電子マネー型の地域応援通貨『YEL』によって富山県経済を活性化するプロジェクト「Yell TOYAMA」を2018年11月21日より開始することをお知らせいたします。

■Yell TOYAMA 公式Webサイト
https://yell-toyama.jp

地域応援通貨YELで富山の経済活性化に貢献します

Yell TOYAMAは富山の事業者・経営者が中心となって組成された地域密着型の民間プロジェクトで、 ブロックチェーンによる地域応援通貨YEL(エール)※1を活用して国内外に富山の魅力を伝えるために発足しました。
富山県の魅力溢れる人・企業・商品・サービスをPRする公式Webサイト「Yell TOYAMA」に地域応援通貨YELのウォレット(お財布機能)や仮想商店街のサービスを集約することで、 富山の魅力溢れる商品やサービスをいつでも・どこでも購入可能になります。

地域応援通貨YELは1YELが1円に固定された前払式電子マネーです。 マイページのウォレット(お財布機能)にチャージすることで、 加盟店でのQRコード決済やオンライン送金(決済)が簡単にできるようになります。 サービス利用には専用のアプリケーションなどは不要で、 Webサイトにアクセスするだけで利用できることも特長です。
Yell TOYAMAは富山在住者だけでなく、 国内外の消費者や観光客に富山の魅力を積極的に発信し、 富山県の県産品購入やサービス利用を促進することで富山県の経済活性化に貢献します。

 

社会貢献・地域貢献を実感できる仕組みを提供します

地域応援通貨YELは、 単なる決済手段ではなく「富山ならではの魅力」を体験するための通貨として誕生しました。 単なる消費者と生産者の関係ではなく、 富山を応援したいファンと富山で頑張る事業者のコミュニティを形成し、 利用者が地域応援通貨YELを使うことで地域社会や経済に貢献できる「応援経済」を実現することが地域応援通貨YELの目標です。 この目標を達成するために、 Yell  TOYAMA公式サイトにて、 応援経済を具体化したサービス「YOSEGAKI」を提供いたします。

YOSEGAKIは、 ブロックチェーン技術を使用して富山経済や地域事業者へ応援メッセージを贈り、 地域応援通貨YELを支払うことで応援認定証を受領するサービスです。 あたかも「投資家」として地域経済へ積極的に参加するような体験を得られ、 サービスを利用することで富山経済・地域社会への貢献が見える化されることがYOSEGAKIの特長です。 今後、 Yell TOYAMAでは、 YOSEGAKIのようなひとりひとりが投資家の感覚で参加できるサービスやプログラムを積極的に展開いたします。

 

Yell TOYAMAは加盟店制度を採用しています

Yell TOYAMAは加盟店制度を導入しています。 加盟店になることでYEL決済の導入や公式Webサイトへの掲載、 仮想商店街への出店が可能になります。 加盟初期費用や毎月の運営費は無料となっており、 コスト面でのデメリット・不安を低減することで、 個人事業主やベンチャー事業者が積極的に参加できるようになっています。
サービス開始時点では、 酒蔵、 木彫り、 鋳物の製作体験などの富山の技術力の高さがわかる製造業、 旅館や鮮魚、 食品加工品など富山の恵まれた幸を実感できるサービス業や観光業に代表される事業者、 約30事業者が加盟店として登録されています。 加盟店は今後、 2019年3月までに80事業者、 2019年9月までに200事業者まで拡大することを予定しています。
※1 地域応援通貨YELは180日の利用制限がある資金決済法適用除外の前払式電子マネーです