プノンペンを拠点に独自コイン発行開始。世界中で流通するコイン発行に向け、「トークンハウス」と連携し実証実験を開始

前のページへ戻る

2020年度までに「月額5000円で世界一周」を目指す

コミュニティコイン発行プラットフォーム「fever」を運営する株式会社Asobica(本社:東京都品川区、 代表取締役:今田孝哉)はカンボジア・プノンペンに拠点を持つ「トークンハウス」と連携し世界中で流通するコイン発行に向けた取り組みを開始しました。

カンボジア・プノンペンに拠点を持つ「トークンハウス」は、 「fever」と提携し、 シェアハウス内で流通するコイン”TKC”の発行を開始しました。 TKCはコミュニティに参加・貢献することで溜まっていき、 飲食や宿泊代に活用することができます。 今後はコインの活用先を広げていくことで、 TKCだけで衣食住を担保できる仕組みを世界中に広げていきます。

尚、 「トークンハウス」は現在プノンペンを拠点とし、 年明けにはアジア数ヶ国に展開を予定しています。

「fever」はこれまで約150以上の企業・団体のコイン発行サポートを行ってきた実績を元に、 コイン発行・設計及びコミュニティ形成におけるサポート等も同時に行っていきます。

【fever(フィーバー)について】
feverとは、 コミュニティが独自のコインを発行し、 経済圏を作っていけるサービスです。 コインは、 メンバー間での送り合いや、 コミュニティ内で提供されるサービスへの決済に活用することができます。 それにより、 今まで見えなかった感謝、 貢献度を可視化していけることが特徴です。
https://fe-ver.jp/entry

【トークンハウスについて】
トークンハウスは日本初の世界を舞台にした「住まい」のサブスクリプションサービスです。 コミュニティ参加で付与される独自トークンで世界中のシェアハウスに宿泊できます。 また、 コミュニティ内でトークンを稼ぐことで衣食住を実質無料で補うことが可能になり、 海外で好きなことに挑戦する人たちのセーフティネットになります。 現在、 カンボジアのプノンペンに1軒目があるトークンハウスは世界中に展開していき、 2020年度までに月額5,000円で誰もが世界一周できる世界を実現します。
https://token-house.world/

——————————————————————————————————————————&mdash ;———————

【株式会社Asobicaについて】
会社名:株式会社Asobica ( URL: https://asobica.co.jp )
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田8-2-2 喜助西五反田ビル4階
代表取締役:今田孝哉