日本初、地域通貨とブロックチェーンによる地方創生プロジェクト『Yell TOYAMA』がスタート。富山県から地方経済の構造改革を開始します。

前のページへ戻る

地域応援通貨Yellによるトークンエコノミーで地域創生に取り組みます

富山県の事業者・投資家を中心に発足したYell TOYAMAプロジェクト(運営事務局:富山県富山市)は、 地域応援通貨『Yell』と『Yell』と連携したブロックチェーンアプリケーションを活用した観光客誘致、 地域消費の促進、 中小企業の資金調達など、 富山経済を活性化する事業『Yell TOYAMA』を2018年11月に開始することをお知らせします。

Yell TOYAMAプロジェクトは2018年11月より、 富山県において地域応援通貨『Yell』を軸とした地域経済活性化事業『Yell TOYAMA』を開始することをお知らせいたします。

■Yell TOYAMAのご案内
https://yell-toyama.org

地域応援通貨Yellによる地方経済の構造改革

地域応援通貨YellはSAMURAI Security株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:濱川智)が開発した、 ブロックチェーンによって全ての取引を記録・管理する安全性の高い暗号通貨です。
Yellは単なるキャッシュレス決済の手段としてではなく、 お金と一緒に地域を応援するメッセージを贈るYOSEGAKI機能を内包するなど、 地域を応援する「応援経済」を実現するための地域通貨として生まれました。 Yellのウォレット(財布)はスマートフォンで管理され、 専用の市場やオークション、 地域事業者を支援するクラウドファンディングと直結、 地域への応援や消費、 投資や寄附などの行動を促します。
地域応援通貨Yellは距離や時間の壁を超えて世界と地域が「お金(地域通貨)」を通じてつながる「地方経済の構造改革」の基盤となることを目指します。

 

地域とファンがつながる富山活性化プロジェクトYell TOYAMA

Yell TOYAMAは、 雄大な立山連峰を望む自然環境と富山湾の恵まれた海の幸、 製薬や鋳物などの伝統産業、 そして幸福度ランキング上位の常連である富山県に溢れる魅力を「価値」として国内外に流通させるプロジェクトです。
これまで価値化されてこなかった地域の体験や出会い、 文化や技術に親しむ権利などをYellによって売買できる富山市場やオークションの運営、 富山に愛着を持つ人々からの寄附や出資の受け皿となるクラウドファンディングや募金箱の運営を通じて、 地域事業者と富山を応援するファンによるコミュニティを形成、 持続的な地域創生と富山における消費・投資の最大化を図ります。
また、 ブロックチェーン技術の導入により、 地域事業者の市場やオークションへの出店費用を無料に、 売買の際の決済手数料を1%と極めて低水準に設定したことで、 地域事業者の参加を促進し、 地域主導の地方経済の活性化を目指します。

Yell TOYAMAの展望

2018年11月にウォレットおよび市場を開設。 Yell TOYAMAならではのチケット商品や優待商品の売買、 地域事業者への寄附や募金、 行政との連携を開始します。
2019年より、 県内イベントへの導入、 着地型観光との連携、 インバウンド需要に対応するための多言語化、 海外でのPRなどの活動を積極的に行います。
2020年には世界中からYell TOYAMAへアクセスできる環境をつくり富山と世界が「お金(地域通貨)」でつながる地域創生のTOYAMAモデルを国内外に展開いたします。

 

Yell TOYAMAの運営体制

Yell TOYAMA運営事務局(SAMURAI Security株式会社)
〒930-0004 富山県富山市桜橋通り3-1
富山電気ビルディング 本館2F
ご連絡先 info@yell-toyama.org

■出資者・発起人

株式会社桝田酒造店
塩井保彦
株式会社釣屋魚問屋
前田薬品工業株式会社
株式会社新日本コンサルタント
浦田典子
株式会社ワプラス(順不同)