日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

日本人大学生初!「国外向け」ICOで資金調達  インフルエンサーを仮想通貨で評価する次世代型プラットフォーム~ 早大生社長が目指す「個人が活躍できる社会

前のページへ戻る

DEAR ASIA Limited(所在地:香港、代表取締役社長:武内 洸太)は、2018年4月上旬より、香港を拠点にICO(Initial Coin Offering)による資金調達を開始いたしました。

4月はプライベートセールスを実施し、激励の声やアドバイスをいただきました。5月GW後からは一般向けのセールを実施していく予定です

資金調達の目的は、インフルエンサーと評価経済と仮想通貨とを組み合わせた次世代型のプラットフォームの構築です。インフルエンサー・マーケティングに始まり、インフルエンサーとファンの交流活動やインフルエンサーが経営する仮想的な商店などを通して「個人が活躍できる社会」を目指してサービスを展開していきます。

【次世代型プラットフォームについて】

当社が目指すビジネスモデルは、インフルエンサー・ブランド・ユーザーを含めたなプラットフォームです。プラットフォーム上では、インフルエンサーがお気に入りの商品や、おすすめ商品をレビューすることが可能です。商品紹介型のSNSを開始し、インフルエンサーが投稿するものに対し、ユーザーが良いと判断する商品紹介に対して多く報酬を支払う仕組みを取り入れることで、投稿のモチベーションはますます良い商品を紹介することにフォーカスされ、インフルエンサーが本プラットフォーム内で魅力を発信していく活動を後押ししていきます。

【インフルエンサーという存在】

インフルエンサー・マーケティングというマーケティング手法がその存在感を増してきました。インフルエンサーは「消費者の行動に影響を与える者」として、全体として経済に大きな影響を与えていますが、インフルエンサーの役割は「消費行動の促進」に限りません。インフルエンサーは「人の心」に対して影響力を持つ存在であるため、インフルエンサーには自ら価値を生み出し、人に幸福を提供する事ができるポテンシャルがあると考えています。

【評価経済という考え方】

「各個人の気持ちに根ざした価値尺度」という考え方が提案されました。今までは貨幣や科学といった客観的かつ絶対的な価値尺度は主流となっていましたが、人が幸福な人生を生きていくにあたって、この絶対的な尺度が必ずしも意味を持つとは限らないと考えられています。幸福とは個人の気持ちによるものであるから、自分の気持ちに正直に物事の価値を判断していこうというのが根本の考え方です。この考え方において貨幣は客観的な価値尺度を持ちますが、それは絶対的な価値尺度とはなりません。例えば、一粒の飴玉がある人にとっては10円であり、ある人にとっては50円であってもいいのです。

【インフルエンサーと評価経済の親和性】

インフルエンサーは独自の魅力をもって人の心を動かします。その魅力を上手く生かすことができれば、インフルエンサーはモノや体験に対して貨幣によって計られる以上の価値を付加することができると考えています。当社は、そんなインフルエンサーの魅力を世の中の幸福度を高めていくための原動力に変えていけるようなプラットフォームの構築を目指しています。

【DEAR ASIA Limited】

DEAR ASIA Limitedは、「個人が活躍できる社会」を目指して早稲田大学4年の武内 洸太により香港を拠点に設立されました。インフルエンサー・マーケティングを入り口とし、個人が経営するネット上の仮想的な個人商店やインフルエンサーとファンの交流の場等を通して、誰もが獲得することのできる共感力といった魅力を武器に個人が活躍することができるプラットフォーム作りを行っていきます。ICOという仮想通貨を販売することによる資金調達を通して、資金を獲得するだけでなく認知度の向上やプラットフォームへのステークホルダーの参入を促進させていく予定です。

【会社概要】

社名 : DEAR ASIA Limited

代表者: 代表取締役社長 武内 洸太

所在地: Wework 10F Mass Mutual Tower,

33 Lockhart Road Wanchai Hong Kong