AnyPayがコンサルティングをしたBreadとDrivezyの2社がICOを実施することを発表。 年内実施に向け、事前登録を開始。

前のページへ戻る

AnyPay株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:木村 新司。 以下、 エニーペイ)が、 ICOコンサルティングをした、 仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用する“Bread(以下、 ブレッド)“と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供する“Drivezy(以下、 ドライブジー)“の2社がICOを実施することを発表いたします。

【実施の背景】
エニーペイでは、 代表の木村のFinTech、 仮想通貨への投資実績、 国内外の仮想通貨取引所や専門弁護士とのネットワークを活かしてICOコンサルティングを行ってまいりました。 ブレッドとドライブジーは、 DasCapitalの投資先でもあり、 すでに多くのユーザーを抱え、 サービスとして更なる成長が必要なステージです。 エニーペイでは、 数ヶ月間に渡り2社のボードメンバーとトークンの設計、 法的整理、 ホワイトペーパーの作成を行ってまいりました。 2社は、 ICO実施により、 世界中から資金を調達していくことでサービスの向上がみこまれると考えています。

【事前登録に関して】
ブレッドとドライブジーは、 年内のICO実施に向け、 本日より、 事前登録の開始をいたします。 事前登録サイトでは、 ホワイトペーパー他、 ICO実施までの最新情報を提供する予定です。

<事前登録サイト>
Bread: https://token.breadapp.com/
Drivezy: https://drivezy.com/rentalcoins

また、 エニーペイのサイトでは、 コンサルティングを手がけるICO実施企業の情報を発信もしていきます。
https://corp.anypay.jp/

【今後の展開に関して】
ブレッドとドライブジーの他にも国内のICO案件が控えており、 年内に発表予定となっております。 エニーペイでは、 ICOという新たな資金調達方法をスタートアップ・中小企業へ提供していくことで、 より良い・新しいサービスを世界へ拡張してまいります。 今後も、 国内外にかかわらず、 ICO実施のコンサルティングを行ってまいります。

<Bread>
仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するシリコンバレーベンチャー。 約120カ国に50万人以上のユーザーを抱え、 約2,500億円の仮想通貨資産を管理している。

会社名:Breadwinner AG( https://breadapp.com/
CEO:Adam Traidman(アダム トレードマン)
設立:2015年3月
住所:Schindellegistrasse 3 8808 Pfäffikon SZ
資本金:7億円

<Drivezy>
インドにて、 自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するベンチャー。  インド国内に50万人以上のユーザーを抱え、 Yコンビネーター、 グーグル、 IT-Farm、 DasCapitalなど、 有名VCから16億円の資本金を調達済み。

会社名:Drivezy Inc.( https://drivezy.com/
CEO:Ashwarya Singh(アシュワリア シン)
設立:2015年4月
住所:HAL 3rd Stage Bangalore- 560075, Karnataka, India
資本金:16億円

【AnyPay株式会社について】
アトランティス、 Gunosyを立ち上げ成功に導いてきたシリアルアントレプレナーである代表の木村が2016年6月に設立。 「テクノロジーに包まれた社会を実現する」をミッションに、 スマートフォンやPCで「誰でも、 どこでも、 いつでも簡単に、 販売・支払いが出来る」オンライン決済サービスAnyPay( https://anypay.jp )と毎日が楽しくなるわりかんアプリ「paymo( https://paymo.life )」を提供、 2017年9月よりICOコンサルティング事業に参入。

■会社概要
会社名:AnyPay(エニーペイ)株式会社  https://anypay.jp/company
本社所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー8F
設立:2016年6月27日
代表者:代表取締役 木村 新司
資本金:8億7,024万円
事業内容:スマホでかんたんお支払い「オンライン決済サービス AnyPay( https://anypay.jp )」の提供/毎日が楽しくなるわりかんアプリ「paymo( https://paymo.life )」の提供/ICOコンサルティング事業