ビットコインにまたも分裂の動き、18年1月に新通貨「ビットコインキャッシュプラス(BCP)」誕生へ

前のページへ戻る

インターネット上の仮想通貨ビットコインにまたも分裂の動きが出てきた。新通貨「ビットコインキャッシュプラス(BCP)」が2018年の1月2日に誕生するという。分裂時に一定のビットコインを保有するマイナー(採掘者)に対し、ビットコインと同量のBCPが付与される見通しだ。BCPを支持するグループはBCPの取引容量を8メガバイトまで引き上げる方向で準備を進めている。

本日の日本経済新聞の記事によると、来年1月にまた新たなビットコインが誕生する模様です。

8月のビットコインキャッシュ、10月のビットコインゴールドに続くハードフォーク(分裂)により来年1月に新通貨「Bitcoin Cash Plus(BCP)」が誕生とのこと。
名称の一部にビットコインキャッシュという名前が出ていますが、ビットコインキャッシュではなくビットコインからの分裂です。

分裂の前にビットコインを所有していた者は同数のコインを持つ権利を得られるため、本日は利権買いとみられるビットコイン価格の上昇が起こり価格は一時90万円台まで上昇しました。

※取引所によって対応が異なる場合もあるので、詳細は各取引所のHPなどでご確認ください。また、この記事はニュースソース等を元に編集したものであり、投資を煽るものではございません。

※当コンテンツは投資勧誘や、助言を目的としたものではありません。 また、当コンテンツは、信頼できると判断した資料及びデータを元に作成していますが、情報の正確性および信頼性について、当社は調査確認する債務を負うものではありません。