NAM COINが香港・シンガポールの仮想通貨取引所に上場が決定  中韓の医療法人との共同研究やゲノム検査サービスも開始

前のページへ戻る

NAM Asia Hong Kong Co.,Ltd.は、医療情報の共有や作業の効率化の課題をブロックチェーン技術やAIを利用することにより解決する為の研究、事業運転の資金調達の為にICOを行なって参りました。

NAM COIN( https://namchain.net )が、香港仮想通貨取引所であるBit-Z( https://www.bit-z.com )、シンガポール仮想通貨取引所であるBitwow( http://www.bitwow.io/ )の2つの取引所に2018年7月27日に上場することが決定しました。

現在、日本の医療法人徳洲会の石垣島徳洲会病院にて電子カルテの実証実験を行っております。

今後、中国、韓国の医療法人との共同研究や業務提携を予定しております。

また、銀座にNAM AIヘルスラボをオープンしてゲノム(遺伝子)検査サービスをスタートいたします。

ゲノム検査により体質や遺伝性疾患リスクなどを調べる検査を行い、検査結果に基づいて未然に生活習慣病を防ぐ自己対処法のアドバイス等を行なっていきます。

さらに、ゲノム検査により個々の筋力や最大酸素摂取量、回復力、怪我のリスク、不足しがちな栄養素を判別することを利用してスポーツへの応用も行なって参ります。

NAM COINは現在ETHベースのコインです。しかし、独自チェーンを既に開発しております。

独自チェーンへの移行を行なった後にNAM PAYサービスを進めていく予定となっております。

これからも医療改革とその医療をボーダレスで受けていただける世界の助力に努めます。