日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

「COMSA(コムサ)プロジェクト」で、新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)が身近に

前のページへ戻る

新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)

仮想通貨を活用した資金調達が急拡大している。2017年に入り海外を中心に70以上の企業が独自の仮想通貨を発行。ネット上で個人などに販売して800億円強の資金を調達した。「新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)」と呼ばれ、従来の資本市場の枠組みにとらわれない新しい手法として注目を集めている。

2009年に仮想通貨Bitcoinが登場して以来、その技術に多くの関心が集まりました。
それから8年。
劇的な成長は止まることなく、ブロックチェーン技術によるプロジェクトが多く立ち上がっているのは皆さんもご存知なのではないでしょうか。
仮想通貨は、急成長と共に今日では一般層へと浸透しつつあります。
また、仮想通貨を活用した資金調達が急拡大し、4月に米ベンチャー、グノーシスが数分で10億円強の調達に成功するなど、海外を中心に企業が独自の仮想通貨を発行し、販売することで資金を調達することに成功しました。
それが、「新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)」です。

先日発表された「COMSA(コムサ)プロジェクト」

日本で仮想通貨に関心がある人々にはおなじみのテックビューロ株式会社は自社のICOを実施すると共に、ブロックチェーンを技術の導入に意欲的な他社に対してのICO関連ソリューション「COMSA(コムサ)プロジェクト」を発表しました。

仮想通貨取引所を運営するテックビューロ(大阪市)は新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)支援サービスを10月にも始める。ICOでは企業が仮想通貨を発行して資金を調達する。第1号として自らICOを実施し、東証2部上場のプレミアムウォーターホールディングスも利用を検討している。上場企業のICO利用は初の試みとなる。

「COMSA」は、「Computer」の「Com」と日本語の「鎖(さ)」とを組み合わせたものです。
COMSAプロジェクトではトークンセールを実施し、トークンセールにて取得された仮想通貨は、急速に拡大するICOマーケットへの進出予算にあてがわれるだけではなく、同社の「Zaif取引所」やブロックチェーン技術「mijin」の機能とビジネス拡充にも一部使用されます。

COMSAのトークンセール

COMSAのトークンセールは2017年10月2日14:00(JST)に開始され、2017年11月6日14:00(JST)に終了します。

● トークンセールの参加者は、1USD相当の購入に対して、1 COMSA(シンボル:CMS)トー
クンを取得する。セール時には発行数の上限は設定されない。
● トークンセール終了時、トークンセール参加者分と同数のトークンを足した数を以て、総発
行数はそこでロックされる。言い換えれば、申し込み数を100とした場合、もう100が追加
発行されることとなる。
● この追加発行された100を分母として、そのうち10%がトークンセールのリフェラルボーナ
スとして紹介者に配布され、40%は既存のテックビューロ経営陣ステークホルダー、開
発者、従業員、契約社員、そしてCOMSA ICO協議会運営に配布される。50%はテック
ビューロが保持し、将来の開発、将来の配布、マーケティング、パートナーシップ、報酬、
事業拡大などにあてがわれる。
● 結果として、総発行量全体の55%がトークンセールの貢献者に配布されることとなる。
10万ドル相当以上の仮想通貨を以てCMSのトークンセールを希望する者は、個別に20%ボーナス
付きのプレセールに参加することができる。プレセールにはBTC、ETH、XEMによる払込が可能
ある。

COMSAトークンの機能とベネフィット

COMSAは、複数のブロックチェーン間のゲートウェイとなるプラットフォームです。
それだけではなく、トークンセールを実施したい企業のための「ICOプラットフォーム」としての機能を持ち、企業がICOのエコシステムを完結するためのインフラをワンストップで提供します。

そのソリューションには、仮想通貨取引所「Zaif」、複数仮想通貨によるセール機能、複数プラットフォーム間実装、そしてNEMとEthereumのパブリックブロックチェーンと「mijin」のプライベートブロックチェーンを活用したICOアセットやトークンの発行管理が含まれます。
COMSA自身のトークンセールに参加したCMSトークン保有者には、以降のCOMSAプラットフォームでICOを実施するプロジェクトにおいて、CMSトークンを払込手段として使用した場合は5%の追加ボーナスが付与される特権が得られるようです。