日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

メタップスの韓国仮想通貨取引所、Zaifと連携しトークンの相互上場の予定も

前のページへ戻る

日本の仮想通貨関連企業が、韓国で仮想通貨取引所を相次いで設立した。このたびリミックスポイントとメタップスが取引所の運用を始めた。代表的な仮想通貨ビットコインなどの売買ができる。日本に次ぐ仮想通貨大国とされる韓国で、投資家の拡大を狙う。
リミックスは日本で仮想通貨取引所、ビットポイントジャパンを持つ。現地企業との合弁で「ビットポイントコリア」を始めた。日本のノウハウを生かし韓国で投資家を増やし、将来は商業施設などリアル店舗での決済サービスの展開を狙う。
メタップスは現地子会社が「CoinRoom(コインルーム)」を開いた。同社は仮想通貨の技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)で約11億円を調達している。出資者は「トークン」と呼ぶデジタル権利証を受け取っているが、これもコインルーム上で取引できるようにする。

Coinroom(コインルーム)では、XEMやCOMSAトークンを段階的に上場していく予定があるそうです。
さらに、先日ICOを終了したMetaps PlusではイーサリアムベースのトークンPlusCoin(PLC)を発表。
日本の取引所ZaifとCoinroom(コインルーム)での相互上場も予定されているようです。

これらが実現すれば韓国では初の上場となり、これらの仮想通貨の価値も上昇するかもしれませんね。

 

※この記事はニュースソース等を元に編集したものであり、投資を煽るものではございません。