日本初のICO専門メディア「ICOマーケット」

ブロックチェーンスタートアップのPundi XがICOのプレセールで4百万ドル以上を集めることに成功!!

前のページへ戻る

「仮想通貨を誰でも簡単に利用、 購入できる世の中の実現に向けて」Pundi Xは、 インドネシア発の仮想通貨プロジェクトです。 コンビニでペットボトルの水を購入するくらい簡単に仮想通貨の購入、 利用ができる世の中を目指しています。

2017年10月28日に東南アジアで仮想通貨決済を誰でも簡単にできるようにしようとしているFintechベンチャーPundi XはICOのプレセールスで615人の投資家から4百万ドル以上の資金を集めることに成功しました。
このプレセールスでの調達資金の内訳は3184ETH、 613BTC、 250,040XEMになります。
プレICOでの募集目標は全ICO期間での目標の280,000ETHの5%に相当する14,000ETHでした。

プレセールICOに参加した著名な投資家としてはDavid LeeやKuo Chuen、 Lon Wongがいます。 Chuenは量的金融の教授で、 これまでZcash、 Qtum、 TenX、 InfocorpやOmiseGoに投資されています。
WongはNEMの代表者でDragonfly Fintech者の創業者兼CEOです。 NEMはCoinsmarketcapで第7位の通貨としても有名です。

正式なICOは 2017年11月20日 から始まります。
ICOでは目標調達額は280,000ETHで、 1ETH=500PXSのレートで交換することができます。

調達した資金は今後3年間にインドネシア、 シンガポール、 香港、 日本、 韓国、 タイ、 マレーシア、 ベトナムなどのアジア各国で70万台のPundi X POSデバイスを配布するために使われます。
POSデバイスの原価は約300米ドルかかり、 最初に供給される10万台を作るために3000万米ドルを使います。
残りの60万台に関してはトークンを売った利益やPundi XのエコシステムによるBtoBビジネスに参加して得た利益を利用して、 製造する予定です。
Pundi Xはビットコインのような仮想通貨の売買での利益をだけでなく、 POSデバイスのサービスでによる利益を生み出せるようにしていきます。

Pundi XのCEOであるZac Cheah氏は「私たちは熱狂的な何百人ものリテール投資家の皆様のおかげでプレセールの目標を達成でき、 本当に感謝しています。 この多くのご支援はこれから機関投資家も参加し始めるICOセールに向けて、 メンバーに自信を与えてくれる成功になりました。 」と語る。

Pundi Xは仮想通貨の売買におけるラストマイルチャレンジを解決することを目標にしています。
Pundi Xのビジネスは小売店やレストランでスマートフォンを使ったQRコードでの即時キャッシュレス決済を可能にするPundi-Pundiのビジネスモデルを活用します。
現在、 Pundi-Pundiはジャカルタで10万人のユーザを抱え、 500以上のビジネスパートナーを1年かからずに獲得することに成功しています。

今回のPXS Tokenのセールで集まった資金はPundi X POSデバイスの購入にあてられます。
このデバイスが設置されている店舗では、 消費者が法定通貨(日本円や米ドル、 インドネシアルピーなど)や銀行のカード、 モバイルウォレットやPundi X Passを利用して、 Bitcoinをはじめとした仮想通貨の売買を簡単、 かつ素早く行うことを可能にします。
購入された仮想通貨はデジタルウォレットに格納したり、 キャッシュレス決済に使ったり、 公共料金や商品の購入に利用できます。
※利用用途は各国の規制に従って制限される可能性があります。

ホワイトリスト

11月20日のICOスタートに伴い、 事前にホワイトリストへの登録が必要です。
ホワイトリストへの登録プロセスを経た投資家の方のみ投資資格があると認められます。
ホワイトリストへの登録申請は、 公式ウェブサイトより行えます。
11月5日~11月19日の期間のみでの実施になります。

Pundi Xの紹介

Pundi Xはブロックチェーン関連のベンチャー企業です。 東南アジアを皮切りに世界中で仮想通貨によるキャッシュレス取引を誰でも簡単にできる世の中を実現させます。
インドネシアで最も有名なQRコードによるキャッシュレス決済アプリであるPundi-Pundiの成功を利用して、 Pundi X POSは普通の小売店やカフェ、 コンビニエンスストアで仮想通貨を一般消費者が簡単に利用、 購入できるようにする予定です。
Pundi X POSの販売開始は2017年末に行うICOの起爆剤となりアジア圏を中心に加速していくでしょう。 ICOで得た資金は、 今後3年間で進出する全ての市場で提供されるPundi X POS70万台の展開に利用します。

Pundi X POSとは

Pundi X POSは、 仮想通貨を普及させていくために構築されたスマートデバイスであり、 各取引に関する情報を記録するためにブロックチェーンに接続されます。
消費者の方は、 以下の目的で Pundi X POSを利用することができます。

– 現金やカードによる BTC、 ETH、 LTC、 PXS やその他仮想通貨の購入
– BTC、 ETH、 LTC、 PXS やその他仮想通貨の売却による現金の取得
– デジタルウォレット内に法定通貨をチャージ
– 公共料金やサービスの支払い。 例えば、 仮想通貨による電気代の支払いなど
– 仮想通貨による物理的な商品の購入

【公式サイト】
Website: https://pundix.com
Website(Japanese): https://pundix.com/index_jp.html
Telegram (ENG): http://t.me/pundix or https://t.me/joinchat/F-6uBwww3GQepvzignSnvA
Facebook: https://web.facebook.com/pundixlabs 
Medium(blog): http://medium.com/pundix
Twitter: https://twitter.com/PundiXLabs
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCOIf6WeLEzZi3DQxzenTZeA

【非公式サイト】
Telegram (Japanese): https://t.me/pundix_jp
Twitter (Japanese): https://twitter.com/PundiXLabs_jp
Facebook (Japanese): https://web.facebook.com/pundixjp