Counterpartyの市場価値

前のページへ戻る

Counterpartyとは何か

Counterparty(カウンターパーティー)は、仮想通貨であるビットコインのブロックチェーン上に作られている分散型金融プラットフォームのことです。

ビットコインは世界でもっとも流通している仮想通貨ですが、それらはブロックチェーン技術によって支えられています。

一般的に電子通貨などは発行元がサーバーで一括管理することで、その価値を担保していますが、ビットコインを含めたブロックチェーンを使った場合には仮想通貨そのものに取引データを蓄積し、また分散された台帳と参照することで、サーバーが一括で管理することなくその価値が担保されるというものです。このため発行元というものが存在しないのがビットコインを含めた仮想通貨のメリットといえます。

一方で、そのようなビットコインのブロックチェーンを基軸通貨として利用して新しい仮想通貨が生まれており、それらの仲介役をする仕組みのひとつがCounterpartyなどになります。

分散型金融プラットフォームの存在意義は

Counterpartyを含めた分散型金融プラットフォームは、仮想通貨というよりも証券会社の証券口座に近いもので、独自の仮想通貨を発行であるXCPに交換することになります。

一方でXCPで、資金を得たい人が発行する独自の通貨を購入するというものです。資金が得たい人としては、XCPを通じて資金を得ることが可能になります。

このため仕組みとしては、ビットコインと独自の仮想通貨を発行する人との渡し役といえるものです。なお、XCPは独自に換金することはできず購入も売却もビットコインを利用して行う必要があります。

Counterpartyの市場価値は

ビットコインは、日々の取引で現実の通貨との交換レートは変化しています。このためこれらに連動しておりビットコインの価値が上昇すれば、それだけ価値が上がりますし、反対に下がれば価値も下がります。

一方で現在のビットコインは上昇傾向にあります。この理由はビットコインがすでに掘り尽くされており、これ以上増えないといったことやビットコインを基軸通貨として独自の仮想通貨の発行が増えているためです。

ビットコインの交換レートは1BTCあたり8万4千円から8万7千円程度で取引されています。基本的にXCPのレートは固定で1BTCに連動した価値になり、それらを利用して独自に発行されている仮想通貨を購入することになります。